「ドドソソララソ」第13話&14話 あらすじ・感想 俺のことは忘れて

「ドドソソララソ」第13話&14話 あらすじ・感想 俺のことは忘れて韓国ドラマ

mihanaっ子
mihanaっ子

韓国ドラマ「ドドソソララソ」第13話&14話 のあらすじや感想が知りたいな。

「ドドソソララソ」は、韓国・KBSで、2020年10月7日~2020年11月26日に放送されたテレビドラマです。

裕福な生活から一転して、何もかも失ったピアニストのララ。ひょんなことから、小さな町でララと知り合った、アルバイトを転々とする青年ジュン。2人のキラキラするロマンティックコメディ。

この記事では、「ドドソソララソ」第13話&14話 のあらすじや感想をまとめています。

スポンサーリンク

「ドドソソララソ」第13話のあらすじ

ジン・ハヨンシン・ウンス)とイ・スンギユン・ジョンビン)は、大学に行かずに、2人で少人数のブライダル事業を始めると宣言します。ララ・ランドに事務所を置いて準備を始める2人。

宣伝のために、チャ・ウンソクキム・ジュホン)とク・ララコ・アラ)に新郎新婦になってもらい、撮影したいと言うハヨンとスンギ。ウェディングドレス姿で、ウンソクと向き合うララ。スンギがアップした、SNSの宣伝写真が誤解を招きます

新郎新婦が退場しようとした時、ジュンが教会に飛び込んできて、ララを連れて飛び出していきます。ライブ配信を中止するスンギ。

ジュンはララを海岸へ連れて行きますが、事情を聞いて後悔します。「もう俺と結婚したことにすればいい」というジュンに、「嫌よ。計画性がない」と答えるララ。

ジュンのイメージは、フォーレの”ロマンス”だと言うララ。「あなたの”嫌だね”は、温かいイエスだった。」海岸で遊び、キスをする2人。

ウンソクはララに、自分は”ドドソソララソ”ではないと言い、ピアノの配達元にララと行ってみます。中古のピアノ店は廃業していて、店主を探すよう、チュ・ミンスチェ・クァンチェ)に頼むウンソク。

ウンソクの部屋に同居することを条件に、人探しを引き受けるミンス。以外にも料理上手なミンスのおかげで、豪華な食事ができるウンソク。

ジュンは、海岸からララ・ランドに向かいます。ララから返してもらったお金で、ジュジュを買い戻したジュン。車を使うようにララに言います。「入試が終わったら、堂々と君に会える。」

ミンスは中古ピアノ店の店主を探し出し、送り主を突き止めます。ピアノを買ったのは、キム・マンボクイ・スンジェ)でした。お礼を言うために、マンボクの菜園ハウスを訪れたララは、倒れているマンボクを発見

病室には、マンボクの息子夫婦がやって来ます。ジュンに、電話でマンボクが倒れたことを伝えるララ。「状態は安定しているから、来なくて大丈夫よ。」

マンボクの息子は、事業に失敗してお金が必要になり、ララ・ランドとジンヘアの土地を売りたいと言います。困ったジン・スッキョンイェ・ジウォン)と離夢会は、連絡が取れないムン秘書アン・ネサン)を、ミンスに探させようとララに提案。

ムン秘書は、”ローズ・コスメ”という会社の、会長になっていると報告が。ララはハヨンと一緒に、ムン秘書に会いに行きます。スッキョンたちの思い込みは外れ、実は俳優になって、会長を演じていたムン秘書。ララとの再会を喜び、お小遣いまで持たせてくれます。

スンギから、ララ・ランドが売られることを聞くジュン。母に頼んで、ウンポのマンボクを見舞います。ウンソクに、マンボクのことを頼むジュン。

ララたちは、ララ・ランドの土地をウンソクが買い取る、と聞いて大喜びします。「ローンを組んだのかな?」と心配するララ。

ペアリングを選ぶジュンに、声をかける女の子。驚いたように見つめるジュン。「チョン・ガヨン?」

「ドドソソララソ」第14話のあらすじ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KBS 드라마(@kbsdrama)がシェアした投稿

ガヨンは高校の同級生で、ジフンに好意を示していました。ソヌ・ジュンイ・ジェウク)に、「鈍いわね。私が好きなのは、あなたよ」というガヨン。

パーマにいちゃもんをつけに来た客に、謝るジン・スッキョンイェ・ジウォン)。ジン・ハヨンシン・ウンス)は客にお金を返金し、「惨めな生き方をしろと、頼んだ覚えはない」とスッキョンに言い捨てて、出て行きます。涙を流すスッキョン。

入れ替わりに、ジンヘアにやってくるチュ・ミンスチェ・クァンチェ)。食事をしようとするスッキョンに、料理を出します。笑顔になるスッキョン。

チャ・ウンソクキム・ジュホン)は、ピルケースをオ・ヨンジュイ・ソアン)の車に忘れ、連絡します。大量の薬に驚いたヨンジュは、成分の分析をパン・ジョンナムムン・テユ)に依頼。

ク・ララコ・アラ)が下宿に帰ると、スッキョンが探し物をしています。ハヨンを妊娠した時のことを話すスッキョン。二十歳の誕生日に妊娠がわかったこと、さんざん泣いたら母親になる勇気が出たこと。「天涯孤独の私に、家族が出来たと思ったら、生きる力が湧いてきた。」

ララはジュンに会いにソウルにやって来ます。約束した場所に行こうとして、ガヨンの車に乗り、コーヒーを飲んで眠ってしまうジュン。

ジュンが待ち合わせ場所に来ないので、家まで行ってみるララ。家からガヨンが出てくるところを見ます。「ジュンと過ごせて楽しかった。」ララに気付いて、近づいてくるガヨン。「ジュンと別れてください。」ララは、「嫌だね」と答えます。

ハヨンはイ・スンギユン・ジョンビン)に、ジンヘアに呼び出されます。風船や花で飾られた店内。動画が始まって、ハヨンのいろいろなショットが。スンギは恋人同士になろうと告白し、ろうそくを立てたケーキを持ってきます。火を吹き消して、スンギにキスするハヨン。

ハヨンは、ソウルから帰ったララが落ち込んでいるのを見て、スンギにジュンと何かあったか聞いてみるように言います。

ハヨンとスンギは、ジュンに彼女がいるようだと、ララに打ち明けられます。ミンスに、ジュンの彼女を調査するよう依頼する2人。ガヨンと買い物する、ジュンの写真を撮るミンス。

ハヨンは写真を見て怒り、「なぜ心変わりしたのか理由を聞き出す」と言います。「永遠の愛なんて存在しない」というミンス。ジンヘアの扉からララが現れます。ジュンとガヨンの写真を見るララ。その時ジュンから電話が。

ジュンはララを呼び出し、「別れよう」と切り出します。理由を聞くララに、「君が嫌いになった。…俺なんか忘れろ」と言って去っていくジュン。泣きじゃくるララ。

ララ・ランドでジュンの思い出に浸るララ。その時、国際電話が入ります。懐かしいコン・ミスク先生(ムン・ヒギョン)が、帰国すると。ララは先生を迎えに空港へ来ます。偶然ジュンに遭遇するララ。ジュンはガヨンと、ララを無視して出国ゲートへ

「ドドソソララソ」第13話&14話の感想

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KBS 드라마(@kbsdrama)がシェアした投稿

ララはジュンと一旦別れますが、ジュンが勘違いして結婚式の撮影に乱入したことから、ヨリが戻ります。大学に合格さえすればララと付き合えると思うジュン。

しかし、ララ・ランドの土地が売られることになって、事情が変わってきます。ララに別れを告げ、外国に行こうとするジュン

考えられるのは、親にララ・ランドの土地を買うお金を借り、交換条件として、ララと別れる、アメリカに留学する、みたいなことを約束した?

しかし、そこまでする必要があったのかな、と思います。あの場所でなくとも、ララがいてピアノがあれば、どこでもララ・ランドになるわけだし。

高台のララ・ランドと引き換えに、ジュンはララを諦めるのか…。

ドドソソララソは、ウンソクではなかった?マンボクだった?意外です。でも80代のおじいさんが、頻繁にSNSで、ララにメールを送るかな?はやく意識が戻って欲しいですね。

まとめ

「ドドソソララソ」第13話&14話では、ジュンが結婚式からララを連れ出します。しかし、式はハヨンとスンギの事業用の撮影でした。再び、愛を誓うジュンとララ。

しかし、ララ・ランドの土地が売却されることになり、ジュンは、ある大きな決断をします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました