「ドドソソララソ」第5話&6話 あらすじ・感想 ジュンの過去

「ドドソソララソ」第5話&6話 あらすじ・感想 ジュンの過去韓国ドラマ

mihanaっ子
mihanaっ子

韓国ドラマ「ドドソソララソ」第5話&6話 のあらすじや感想が知りたいな。

「ドドソソララソ」は、韓国・KBSで、2020年10月7日~2020年11月26日に放送されたテレビドラマです。

裕福な生活から一転して、何もかも失ったピアニストのララ。ひょんなことから、小さな町でララと知り合った、アルバイトを転々とする青年ジュン。2人のキラキラするロマンティックコメディ。

この記事では、「ドドソソララソ」第5話&6話 のあらすじや感想をまとめています。

スポンサーリンク

「ドドソソララソ」第5話のあらすじ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KBS 드라마(@kbsdrama)がシェアした投稿

様子がおかしいソヌ・ジュンイ・ジェウク)を、「大丈夫」と言って落ち着かせるク・ララコ・アラ)。「”バイバイ”は言わないでくれ」というジュン。ララはチャ・ウンソクキム・ジュホン)の車に乗りますが、ジュンが気になって引き返します。

シューベルトの”夜と夢”を、ギターで弾くジュン。「つらい時は私に話して。…あなただから許すの」というララ。あなたの夢は?と聞かれ、ジュンは「前はあったけど今はない。夢を持つには、過去・未来・現在のことを考えなきゃいけない。そのどれも考えたくない」というジュン。

朝ごはんを用意してくれたジュンに、電話するララ。ジュンは、古紙回収のおじいさん・キム・マンボクイ・スンジェ)のビニールハウスを手伝います。「定住を決意したのか」と聞かれるジュン。

ジュンの母・チョ・ユンシルソ・イスク)は、ウンポ警察署に来ますが、遺体はジュンでないことが判明します。電話でチェ室長チェ・クァンチェ)を呼びつけるユンシル。

美容室の常連たちが焼く、チヂミの匂いに誘われて、閉じられたドアを破って隣に行くララ。チヂミを食べようとした時、受講希望者から電話が。

受講希望者は、マンボクでした。ララがレッスン料を無料に、と提案しているところへ、ジン・スッキョンイェ・ジウォン)がチヂミを持ってきます。マンボクは、この建物のオーナーだと言うスッキョン。

元妻のオ・ヨンジュイ・ソアン)が、ウンソクに会いに来て、相変わらず悪態をつきます。ウンソクは、「最近ある人にあって、自分の問題点がわかった。これからは正直に話す」と宣言し、言いたいことをぶつけて去っていきます。

ウンソクの後をつけて、ララ・ランドにやって来るヨンジュ。ジンヘアでセットしているうちに、ウンソクはララと食事に行ってしまいます。

ジュンのバイト先に行く、ララとウンソク。ジン・ハヨンシン・ウンス)とイ・スンギユン・ジョンビン)がいます。成行で、離婚したことを話すウンソク。ララの下宿の前に、差出人不明の花が置かれています。

ジュンはララに電話します。車の修理が終わったので、いっしょに取りにいってと頼むララ。

ララは偶然チュ室長と出会い、ピアノ教室の営業をしてしまいます。様子を見ていたジュンに、知らない男と話すなと言われるララ。ウンポのターミナルで、ジュンの聞き込みをするチュ室長

ララは愛車”ジュジュ”を取りに行き、手放す前に車内で一夜を過ごします。売却の契約書にサインしようとした時、ジュンが現れます。「売りません。」と。代わりに、「俺の運転手になれ」と言うジュン。

車の売却を止めたのは、「大切な物を失うのは悲しいことだから」と言い、友人が死んだ話をするジュン。「思い切り泣かなきゃ、次に進めない」というララ。ジュンは涙を流し、ララももらい泣きします。

ウンソクはソウルの病院を訪れ、偶然ジュンが写った写真を見ます。後輩の医師・パン・ジョンナムムン・テユ)は、ジュンが院長の高3の息子で、ソヌ財団の一人息子だと。驚くウンソク。

「ドドソソララソ」第6話のあらすじ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KBS 드라마(@kbsdrama)がシェアした投稿

ソヌ・ジュンイ・ジェウク)がバイト先から帰ると、ピアノを弾いていたク・ララコ・アラ)が呼び止めます。「身長が伸びてる…」と、ジュンの身長を測るララ。顔を近づけたジュンを、思わず殴ってしまいます。鼻血を出すジュン。

ジンヘアに、イケメンの青年アン・ジュンホカン・ヒョンソク)がやって来て、喜んでカットするジン・スッキョンイェ・ジウォン)。そこにララが、また壁のドアから現れます。「男性は、何歳まで背が伸びるのか」とみんなに聞くララ。青年は、夜に美容室の扉に、ボンドをたらす悪質な悪戯を

ララはジン・ハヨンシン・ウンス)に、ララ・ランドのカバンを作ってもらい、生徒を増やそうと計画します。チャ・ウンソクキム・ジュホン)が生徒になったと聞いて、急にピアノを習いたいと言いだすスッキョン。

ウンソクはジュンのバイト先を訪れ、話があると言います。ウンソクの薬ケースを見て、昔会ったことがあると思い出すジュン

ジュンはウンソクのことが気になって、ララからの電話にも気付きません。翌日、ウンソクを病院に訪ねるジュン。「ソヌ病院で君の写真を見た。なぜ家出を?」と尋ねるウンソク。「ララさんには正直に、高校生だと話すべきだ」と言います。

ジュンホがララ・ランドにやって来ます。毎日レッスンに来たい、今すぐ始めたい、というジュンホ。キム・マンボクイ・スンジェ)がレッスンに来たので、帰っていきます。

ジュンは高校の親友、ジフンが亡くなった時のことを回想します。横断歩道を渡っていたジフンが、振り向いて”バイバイ”と言った瞬間に、トラックにはねられ死亡。

落ち込むジュンを、友達が死んだぐらいで情けない、と叱る父親。「医師は人の死にも直面する。ヤワな精神じゃ務まらん」と言います。「俺はやらない」と言って家出したジュン

ララはジュンを見つけますが、「急に俺が消えたら、君はどう思う?」と聞かれます。「厄介者がいる」というジュン。自分のことかと思うララ。

ララ・ランドの周りを、うろうろしていた子供・シン・ジェミンソン・ミンジェ)と話すララ。ピアノの経験がないのに、聞いただけで上手に弾くジェミン。ジェミンは、ララがいつもジュンを迎えるために弾く曲を演奏してみせます。

「お兄さんは、ピアノの音が聞こえると走り出し、教室の前で息を整えて汗を拭いて髪を整える」というジェミン。ジュンが陰でそれを聞いています。

ジュンに、「消えたらダメ。そばにいて」と言うララ。「俺は消えない。完済のチャンスをやる」と答えるジュン。

ジュンはウンソクを訪ね、どうして新郎の知り合いであることを、ララに秘密にしているのかと問います。弱みを握っていることを知らせるジュン。ララに電話すると、歌ってと言われ、「キラキラ光る…」と歌い出します。

ドドソソララソ”との面会に、ハヨンやスンギユン・ジョンビン)、スッキョン、ジュンも一緒に行くことに。待ち合わせの場所に、階段を降りてくる男が…

「ドドソソララソ」第5話&6話の感想

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KBS 드라마(@kbsdrama)がシェアした投稿

ジュンの過去と正体が明かされ、驚きの内容でした。お金持ちの息子というのはわかっていましたが、高校生とは…。じゃあハヨンやスンギと同い年ってこと?ずいぶん大人びてますね。

高校時代の親友の死が、家出の原因だったこと。”バイバイ”と言われるのが嫌なこと。原因が判明しました。つらい経験ですが、時間をかけて癒していくしか、ないんじゃないかな。自分はどう生きるのか、考える時間が必要だったんでしょう。

ジュンの両親は、どちらもあまり好人物ではなさそうですから、心配ですね。心のケアが必要だと思います。

ジュンが高校生ということなら、ララとの恋愛はどうなるんでしょう。いくら大人びて頭が良くても、やっぱり、まだ子供だし。ウンソク先生が有利になるかな…。今後の三角関係が気になりますね。

ララの生徒に、古紙回収のおじいさん・マンボクと、怪しい青年が参加。この青年の正体は誰なんでしょう?

まとめ

「ドドソソララソ」第5話&6話では、ソウルの病院を訪れたウンソクは、偶然ジュンの正体を知ることになって驚きます。家を出ることになった、悲しい過去を回想するジュン。

ウンソクに正体を知られたジュンは、別の土地へ移動するか、残るかを選択することに。ララ・ランドには、新たな生徒が集まってきますが、心配な人物も。

コメント

タイトルとURLをコピーしました