「愛の不時着」第16話(最終話) あらすじ・感想 2人の愛の着地点

「愛の不時着」第16話(最終話) あらすじ・感想 2人の愛の着地点韓国ドラマ
mihanaっ子
mihanaっ子

「愛の不時着」第16話(最終話) のあらすじや感想が知りたいな。

「愛の不時着」は、韓国・TvNで、2019年12月14日から2020年2月16日まで放送されたテレビドラマです。

財閥令嬢でファッションブランドの社長が、パラグライダーで竜巻に巻き込まれ、北朝鮮に不時着します。北朝鮮の軍人に助けられ、恋に落ちるというラブストーリーです。

この記事では、「愛の不時着」第16話(最終話) のあらすじや感想をまとめています。

スポンサーリンク

「愛の不時着」第16話(最終話) のあらすじ


ダンソ・ジヘ)を助けるために、中国系暴力団員に撃たれて重症を追ったスンジュンキム・ジョンヒョン)。

救急車で運ばれる中、意識を取り戻したスンジュンに、ダンが必死で話しかけます。

「しっかりして。私を見て。…あなたが来てくれるまで待とうと思ったの。そう言ってもらえてうれしかったの。」告白するダン。

嬉しそうな顔をして、息を引き取るスンジュン

mihana
mihana

スンジュンは不幸な生い立ちの詐欺師。でもダンに対しては誠実だったね。やっと愛する人が現れたのに。

mihanaっ子
mihanaっ子

できれば幸せになってほしかったけど。最後にダンの愛の告白を聞けたのが救い。

一度は心肺が停止するも、なんとか一命をとりとめたセリソン・イェジン)。

セリの養母・ジョンヨンパク・ウンジン)は、セリを見守るジョンヒョクヒョンビン)を、病院にいさせるよう国家情報院の捜査官に懇願します。

「娘がどうなるかわかりませんし。目覚めたら会いたいはずですし。」

極秘資料

北朝鮮では、軍事部長チャン・ナムブ)とジョンヒョクの父・総政治局長チョン・グックァン)が面談しています。

総政治局長は、南で逮捕されたジョンヒョクら6人と、服役中の南のスパイ9人の交換を提案しています。

女のために祖国を裏切った息子をかばうために、損な取引をしている」と軍事部長は反発。

総政治局長は、死んだチョ・チョルガン(オ・マンソク)が、軍事部長と連絡を取り合っていた証拠を見せて牽制します。

仕方なく交換を承知する軍事部長。しかし、送還終了までのすべてを軍事部が取り仕切ると断言します。

境界線

病室にジョンヨンが入ってきて、セリにジョンヒョク達の送還を知らせます。

今から見送りに行く?と聞くジョンヨンに、危篤だったなんて知られたくない、と答えるセリ。

「彼(ジョンヒョク)はあなたの意識が戻るまで、食事もせず眠りもせず、何日もそばにいたわ。…意識が戻るのを見届けてから帰っていった。」

セリは会いたさが募り、ジョンヨンの車で、ジョンヒョク達の護送車を追いかけます。

ジョンヒョク達の乗った護送車が、開城工業地区の禁断線(休戦中の国に引かれる軍事境界線)に到着。

隊員たちに続いて、ジョンヒョクが禁断線を超えた時、セリがようやく到着します。

手錠を掛けられようとするジョンヒョクを見て、走り出すセリ。南側に戻ってセリを抱きしめるジョンヒョク

ジョンヒョク:弱ってる体で走ってまた倒れたらどうする。なぜ無茶ばかりするんだ。

セリ:なぜ手錠を?ダメよそんなの納得できない。行かないで。南に残って。

ジョンヒョク: 心配ない。僕は何度も危機を乗り越えてきた男だ。

セリ:…もう会えないの?二度と会えない?一生?どうしよう。会いたくてたまらなくなったら。

ジョンヒョク:会いたいと心から願えば、会いたい人に会えるかと聞いたろ?きっと会える。愛してる。

セリ:愛してるわ。

北側に連れ戻されるジョンヒョク。

さようなら。みんな元気で。」別れを告げるセリ。

拳銃

ピョンヤンに護送中、雑木林で降ろされるジョンヒョク達。

軍事部長が待っています。「どうせ軍事裁判で死刑だ。家族に迷惑など掛けず、ここで死んでやったらどうだ。

まさに銃殺されようとしたとき、総政治局長が部隊と現れます。

「私の忠告を忘れたのか?独断で裁判を省くなと。…だが息子を殺そうとしたのを目撃した時は、省かせてもらう。」

そういって軍事部長を撃ち殺す総政治局長

ジョンヒョクと隊員たちは、無事にそれぞれの場所に帰ります。

捜査

スンジュンを失って悲しみに沈むダンは、復讐のためにチョン社長ホン・ウジン)に面会します。

「あの暴力組織の一員がまだ北朝鮮にいるとか。組織にお金を渡した人物も知りたいんです。」

韓国では、ユン家にユン会長ナム・ギョンウプ)とセリ、セヒョン夫婦が集められています。

ユン会長は、セリは不告知罪(犯罪者を通報しなかった罪)で、うまくいけば罰金刑になると。次男のセヒョンパク・ヒョンス)とその妻・サンアユン・ジミン)に向かって、「お前たちは実刑だ。」

逮捕されたオ課長ユン・サンフン)が入ってきます。チョン社長が口座の入金明細や通話内容をセリに渡した。自分はセヒョン夫妻の指示に従っただけだと話します。

殺人と誘拐の教唆に犯罪者への利益供与などで、連行されるセヒョンとサンア。

エーデルワイス

自分のマンションに帰って、ジョンヒョクが買いためた食材や料理メモを見つけ、恋しさに泣きだすセリ。

ジョンヒョクが録音してくれた、ピアノの演奏を聴きながら眠ろうとしたとき、メールが届きます

ジョンヒョクは、セリへのメッセージを携帯に打ち込んで、予約送信していたのです。

”一番言いたいことは本棚に残した。” 本のタイトルの頭文字は、「ユン・セリ愛してる

”おはよう。朝食抜きはよくない。りんごだけでも食べて。”

”食事をするときは一人ではなく、仲間と楽しくおいしく食べること。”

メールは数日ごとに1年続き、セリはジョンヒョクと、四季を共に過ごしている気分になれました。

セリの誕生日の日、最後のメールが来ます。

”エーデルワイスの花が咲く国で会おう。何時とは言えない。だけどお互いに努力すれば、運命が僕たちを導いてくれるはず。”

ジョンヒョクがメールで、育ててほしいと送ってきた花がエーデルワイスでした。

ピアノ弾き

ふたりの、将来への努力は始まっていました。

ジョンヒョクは召喚除隊(上部命令で除隊すること)となり、国立交響楽団で演奏をすることになります

舎宅村の主婦たちが開いてくれた昼食会で、マンボクキム・ヨンミン)、チスヤン・ギョンウォン)、グァンボムイ・シンヨン)、ジュモクユ・スビン)、ウンドンタン・ジュンサン)と食卓を囲みます。

自身の異動と、新しい中隊長チスを、主婦たちに紹介するジョンヒョク。

ジョンヒョクは、住み慣れた舎宅村の家を出ていきます。

一方セリは、セリズチョイスクイーンズグループで、奨学金財団を立ち上げます。国内外を問わず、低所得者の優秀な子供に、クラシック音楽教育を支援する団体です。

スイスで、年に一度コンサートも開くことも決めて。

1年後、スイスを訪れるセリ。もしかしたら、財団とコンサートの記事をジョンヒョクが見て、会いに来てくれるかもしれない、そんな思いを抱いて。

結局ジョンヒョクには会えませんでしたが、セリは諦めません。スイスに通い続けます。

普通なら人生は一度だけど、私は二度生きることにした。

一度目の人生では愛する人と出会って別れ、二度目の人生では再会を願って生きる。

そうすることに決めた。あなたも同じなら会いに来て。

スイス

ある時パラグライダーをしていて、うまく着地できず、つぶやくセリ。

「最後で失敗するのよね。着地が一番大事なのよね。」

そんなにひどい着地ではなかった。今回は正しい場所に落ちた。

懐かしい声。ジョンヒョクでした。ふたりは、しっかりと抱き合います。

セリ:信じてた。…きっと私を見つけてくれるって。…どうやってここまで来たの?

ジョンヒョク:列車を乗り間違えた。そしたら着いたんだ。来たいと願い続けたこの場所に。ぼくの目的地に。

それ以降、セリはスイスを訪れ、2週間をジョンヒョクと過ごします

財団支援のコンサートの日。並んで聞き入るセリとジョンヒョク。

2人は、スイス湖畔のコテージで一緒に過ごします。見つめ合い、抱き合い、この上なく幸せそうに

「愛の不時着」第16話(最終話) の感想

ジョンヒョクは送還され、また二人は離ればなれに。

でも、会いたいと思い続けて努力すれば、必ず会えるはず。二人は諦めません

命がけで守ってくた人を、お互いに忘れられるはずがありません

たとえ1年の中の限られた日数でも、その時間を二人で精一杯幸せに過ごす道を選んだんですね。

最後に、美しい風景の中で見つめ合う二人が素敵です。

スンジュンとダンの悲恋も心に残ります。

ダンとの初デートで、スンジュンが満面の笑みで、歌を歌ってほんとに嬉しそう

スンジュンの上着を見て、その顔を思い出して泣くダン。私も泣いてしまいました。

3年後、ダンが楽器を持って、力強く歩いて行く姿がかっこいいですね。

まとめ

「愛の不時着」第16話では、ジョンヒョクは北へ送還され、セリと離ればなれになってしまいます。なんとか会える方法を考え努力する二人。

二人の愛は、どんな場所に着地するのか?考えられる最善の方法が…

コメント

タイトルとURLをコピーしました